CAP実施のお知らせ

 武蔵野市では児童青少年課から毎年小学3年生対象としたCAP(Children Assault Prevention )「子どもが暴力から自分を守るためのプログラム」を無料で提供しています。第一小学校では「NPO法人青い空」に今年もお願いいたしました。

 このプログラムは子どもワークショップとおとなワークショップに分かれていまして、子どもワークショップでは、ロールプレイ(役割劇)に子ども達も友だち役として出てもらい、友だちの力になれること、子どもには沢山の力があることを体験していきます。

 また保護者向けには、CAPで伝える言葉や概念を話し、子どもが暴力を受けた時に子どもを手助けするためにできる方法などを教えていただきます。

 

 CAPでは、子どもたちが安心して暮らしていくためには、地域のおとな達が子ども達をサポートすることが不可欠だと考えています。また、学校に地域のおとなが来て子どもワークショップを提供することにより、子ども達は子どもの安全のために真剣に取り組んでいるおとな達がいること、子どもの話を聞いてくれるおとながいることを理解します。CAPはコミュニティの安全のための活動です。(NPO青い空ホームページより

 

 参加した子ども達がCAPのワークショップの経験をきっかけに、まわりの大人との信頼関係を築いてくれたらと願っています。そうは言っても危険なことが一杯の世の中で信用してよい大人とよくない大人との見極めは、大人自身にとっても難しい事。やはり日頃から互いを知ることは大切ですよね。青少協の地区委員の皆様は子ども達の健全育成のために活動するという志を同じくした仲間達ですから、まず信用してよい大人と言えるでしょう。様々な地域行事で出会い、ゆっくりと信頼関係を築いてほしいですね。子ども達にとって、それが自分を守るための「盾(シールド)」になるのではないでしょうか。

 武蔵野市立第一小学校の学区向けのおとなワークショップの予定は下記の通りです。お子様が第一小学校に通っていらっしゃらない方も参加可能です。参加希望の方は直接青少協第一地区にお問い合わせください。

 

開催日 2月22日(水)

時間・場所 12:00~14:00 武蔵野市立第一小学校2階第2会議室

費用 無料 (保護者:市で負担)

実施団体 NPO法人 青い空

 

 

他の学区につきましては各市立小学校によって実施日時が違いますので、詳しくはお子様の通っていらっしゃる学校の青少協地区委員会にお問い合わせください。